少女時代の日本での活躍を願い、応援するページです。 THE BEST ~New Edition~ (完全生産限定盤)(CD+DVD+グッズ)
コンサートに向けての掛け声集はこちらです。
少女時代のスケジュールはこちらです。

少女時代ジェシカ、韓国の番組の観覧席に




6月26日に放送されたキム・ヨナがMCを務める
「キム・ヨナのキス&クライ」の観覧席に
少女時代ジェシカがいたことが分かりました。

番組に出演した妹であるf(x)クリスタルの
応援に来たとのことです。

恐らく収録は来日する前でしょう。

この番組はキム・ヨナがホストをしている
番組で、
この日は妹のクリスタルのスケーティングを
観覧したとのことです。

ジェシカは「クリスタルが、実際のスケーティングする姿を
見るのは初めてだ。本当に上手にしても
きれいに表現する。スケーティングでは余裕が感じられるほどだ」
と妹クリスタルを絶賛していたようですよ

ジェシカのシーン

携帯はこちら

ジェシカにとっては妹の応援とともに、
束の間の休息って感じですかね。

ブログランキングに参加しています。
1クリックして頂ければ非常に励みになります。
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村

All About Girls' Generation [Paradise in Phuket] (DVD + 写真集) (韓国盤)
All About Girls' Generation [Paradise in Phuket...



少女時代ユナの腹筋


20110630y.jpg

少女時代の写真です。
恐らくSMTOWNLIVEのパリ公演で撮影されたものだと
思いますが、しっかり腹筋があることが分かりますね。

この写真は韓国でも話題になっており、
「一生太鼓腹とは縁がないようだ」
「どのようにあんなラインが出るのか」
「やはり国宝級スタイル」などの
感想があるようですよー


ブログランキングに参加しています。
1クリックして頂ければ非常に励みになります。
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村

タグ:少女時代 SNSD

少女時代ソヒョン、スポーツ韓国の1日記者に任命される!


少女時代ソヒョンがスポーツ韓国創刊7周年記念特集として
1日記者に任命されました。

なぜソヒョンかというとスポーツ韓国の創刊日とソヒョンの
誕生日が6月28日だからです。



そんなソヒョン記者が3つの仮想ニュースを選んだとのこと
です。

1.万能薬の少女時代
少女時代の音楽が多くの人々の心を触れたらいいですね。
私たちの音楽に真心が入れられたとすれば可能でしょう。
人々の傷を治癒して心の病気を慰めて世の中のすべての憂い
と心配が消えたというニュースが出てきたらと思います。

2.少女時代ワールドツアー開催
SMTOWNLIVEのパリ公演をしながらヨーロッパに魅了されました。
メンバーらもいつか必ずヨーロッパの他の国も行きたいと
言っていましたよ。
英国、イタリア、スペイン、オランダ等々です。
ヨーロッパ以外も必ず行きたいです。
ワールドツアーを開けるならば世の中が
少女時代になることができるでしょう。

3.ソヒョン財団の設立
私の名前を使った社会福祉財団を作ってほしい。
不遇な環境で育つ子供たちの夢を育てるお手伝いを
したいと思います。大きなのではなく、
素朴に開始するつもりですよ。
30代には開始したいと思います。

今度はアーティストソヒョンとしてスポーツ韓国から
インタビューを受けています。

Q:まずはお誕生日おめでとうございます。

ソヒョン:
ありがとうございます。スポーツ韓国も誕生日
おめでうございます。

Q:スポーツ韓国と特別な縁がある
いうことを知っていましたか?

ソヒョン:
この前に聞いてびっくりしました。
いつも良い記事だけ書く理由があったんですね。 ハハ。

Q:気分はどうですか?

ソヒョン:
運命だなと思ったんです。 今後も必ず新聞を取り置きして
確認します。 とても真剣なのですよ? ハハ。

Q:
少女時代のデビューから今までの記事を集めました。
誕生日のプレゼントとして贈ります。

ソヒョン:
ウワー! このように紙面では初めて見ます。
(しばらく言葉なしに記事を見て)
インターネットでは見ていたが、このように紙面を見ると新鮮ですね。
これ本当にくれるんですか?
忘れることはできない誕生日プレゼントですね。
お姉さん達にも見せなければなりません。

Q:デビューして初めての個人インタビューしたことが
数日前ことのように感じられます。

ソヒョン:
そのとおりですよ。 その時は本当に何も分からなかったです。
どんな話をしなければならないかも分からなかったし、
どんな内容が記事に出てくることも分からなかったんですよ。

Q:(記事を示して)デビューの姿を見るとどうですか?
恥ずかしかったり隠したいのではないですか?

ソヒョン:
全然です. 前髪をおろした姿が子供っぽいですね。
忘れて過ごしていた姿に会って本当にうれしいですね。

Q:当時インタビューで日本ドラマに出演したいと
言っていましたが。

ソヒョン:今でもその夢は持っています。
当時は「のだめカンタービレ」にはまっていたが、
最近は「ホタルのヒカリ」というドラマを見ています。
日本のドラマで私が出演する日が来たらといいですね。

Q:当時は日本での活動を計画していない時です。
記事を見ると、まるで日本進出を見越したようです。

ソヒョン:
ハハ。 そうなりましたね。 夢見てきたことが現実になりました。
目標があり熱心に走って行けば周りでも助けをくれるようです。
少女時代という名前自体が夢が含んでいます。
世の中を少女の時代で作るという夢は変わりないです。
「少女時代」が「おばあさん時代」になる時まで必ず
一緒にいて下さい。

Q:最も記憶に残る瞬間はいつですか。

ソヒョン;初放送の舞台に立った時、
メンバー同士しばらく泣いていたことを思い出します。
練習期間も長くて共に苦労しながら私たちの姿を今や
世の中に見せたんだなあと思いましたよ。
永遠に忘れられないようです。
以前のインタビューを見ると不思議と初心を忘れてはいけないと
いう決心がつきます。知らぬ間に少しずつ(決心が)変わって。
私はそれが最も恐ろしいです。変わらないようにいつも努力しますね。

Q:この前のパリ公演が話題になりました。韓流ブームを実感しますか。

ソヒョン:
はい、そうですね。 先輩たちの粘り強い努力が積もって
今韓流が注目されるようになりました。
私たちが突然作ったと考えません。 今、
活動することが幸運だと考えます。 責任感も出ます。
私たちが道を熱心に磨いて後で他の方々が海外活動をできるように。


ブログランキングに参加しています。
1クリックして頂ければ非常に励みになります。
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村


少女時代 3集: The Boys icon
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。