少女時代の日本での活躍を願い、応援するページです。 THE BEST ~New Edition~ (完全生産限定盤)(CD+DVD+グッズ)
コンサートに向けての掛け声集はこちらです。
少女時代のスケジュールはこちらです。

少女時代「GEE」日本のモバイル市場独占が話題に


韓国のメディアが、
少女時代が日本のモバイル市場も征服したと報道しました。

少女時代の「GEE」レコチョクやmusic.jpなど主要着メロサイトで、
ウィークリーランキング1位を獲得したことを報道しました。

SMエンターテイメントは、
「日本は、モバイルサイトを中心に、デジタル音楽市場が形成されている」とし、
「これを勘案すると、モバイルサイトの週間チャート1位を総なめにしたのは、
現地での少女時代の人気を確認させてくれるだろう」と分析しているそうです。


reco.jpg


少女時代 3rd Mini Album - フッ (Hoot) (韓国盤)

少女時代 3rd Mini Album - フッ (Hoot) (韓国盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SM ENTERTAINMENT
  • 発売日: 2010/11/02
  • メディア: CD





読み終わった後はぜひ1クリックお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村

【掲載情報】11月発売予定SPUR2011年1月号少女時代撮りおろし&インタビュー掲載


少女時代が11月発売予定のSPUR2011年1月に撮りおろし&インタビューが
掲載されます。

■スペシャルページ
★「少女時代」の「モード時代」全6Pの大特集。
少女時代がハイブランドのクルーズラインの洋服でモードに変身します。
とり下ろしファッションシュート&インタビューつき。
抜群のスタイルに歌唱力&ダンスの実力も折り紙つきのガールズグループ「少女時代」が、
ついにモード誌初登場!
「モードな少女時代」と称して、スペシャルシューティングを決行しました。
ハイブランドのクルーズラインに身を包んだその姿はいつもより少しだけ大人の表情。
素顔が垣間見れるインタビューも必見です!

■特別付録
★ラデュレ・イラストカレンダー
★LOVEクロエ オードパルファムミニスプレーサンプル

■とじこみ保存版
★マイ・プライベートNY 16P
デザイナー、プレスなど、おしゃれプロの口コミでレアな情報満載!
とっておきの場所が続々登場のスペシャルガイド!

■その他
★モードな「羽コレ」ライブレポート
今話題の羽田新国際ターミナルでのスペシャルロケ!
★クリスマス大特集
★コレクションスナップ
・・・など

SPUR (シュプール)2011年 1月号
icon




読み終わった後はぜひ1クリックお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村



少女時代がBoA,東方神起と違う点


1.jpg

韓国のメディアが少女時代がBoA、東方神起と違う点を挙げています。

(韓国の記事を引用しているところがあります)

【BoAの場合】
日本デビューした日本の新人歌手として活動を始めた。彼は他の日本新人
歌手と同等な位置で日本語で歌って、日本語で話したし、
ひたすら実力一つでオリコン1位まで上がった。
彼女は韓国出身であることも、韓国でデビューしていたことあることも
そんなに重要なことではなかった。

【東方神起の場合】
東方神起はBoAと同じように日本の歌で日本語を駆使したが韓国的特性がもう少し強化された。
これらは日本の既存男性アイドルグループとは違って、
カリスマあるパフォーマンスをしばしば見せたし、
これは自然に韓国トップアイドルグループという事実を刻印させることになった。
また、日本での他の韓国グループの関心を引き寄せる要因となった。

しかしこれらも初めから韓国スターとしてに来日したわけではなかった。
初めの2、3年の間は、
韓国でのトップスター生活と日本での新人グループ生活を併行して
活動しなければなかった。
メンバーらは韓国でトップスターの扱いでテレビに出た翌日、
日本の大学講堂で有線マイクを持って歌うこともあった。
それでもこれらは「冬のソナタ」等当時韓流ドラマ ブームに便乗しないで、
ひたすら「東方神起」という名前で勝負、
あらゆる小さい舞台を一つずつ尋ね歩いて自ら成長した。

【少女時代の場合】
少女時代はBoAと東方神起が作った下地をによって日本で成功したと言える
彼女達は韓国の歌とパフォーマンスをありのまま輸出させるのに成功した。
少女時代のデビューシングル「GENIE]と2ndシングル「GEE]は,
すべて韓国で大ヒット曲で、
少女時代はこの曲の音楽、パフォーマンス、スタイリングを
そのまま維持したまま日本に渡っていった。

最も変わった点は、空港に到着するやいなやファンたちが出迎えにきたとのこと。
新人から始めなければならなかったBoA、東方神起とは違い少女時代は、
公式進出をする前に強大なファン層を得ていた。BoA、東方神起によって
K-POPに対する関心が高まったうえに、
インターネットの影響で誰でも少女時代の映像を
簡単に接することができるようになったからである。

おかげで少女時代は日本進出のために、
長期間韓国を空けなければならないことはなくなった。
BoA,東方神起は日本で人気を集めるために長期間のプロジェクトが必要だったが、
少女時代は日本と韓国の活動を平行しながらできるようになった。
それで最近日本で「GEE]を発売しながらも、
国内新しいシングル「HOOT]も公開することができた。

これはその通りだと思います。
ミュージックステーションでスヨンがBoAと東方神起に対してコメントしていたが、
これは彼らに対する感謝と敬意を払ってのことだと思います。

東方神起は、今大きなトラブルを抱えていますが、
日本で、BoA、東方神起、そして少女時代が同じ舞台に立てる日を
心から祈りたいと思います。





読み終わった後はぜひ1クリックお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村

タグ:少女時代 SNSD
少女時代 3集: The Boys icon
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。